バイクの買い替えをする時期やタイミング

バイクの買い替えタイミングとして適切な時期は、自分が新しいバイクを欲しいと感じたときです。

 

不具合が多くなって車検費用が高額になるような状態も、耐用年数から考えて売却するのが好ましいと言えます。

 

昔は乗り潰すのが最もお得と言われていましたが、現在は3〜5年サイクルで売却するのがお得になるケースもあります。車種によっても異なってくるので、常にネットで買取相場を調べておくといいでしょう。

 

メンテナンスをしっかりと行っておけば寿命を伸ばせるので、10万km以上走行していても大丈夫なケースは少なくありません。

 

逆にほとんど乗らない方はメンテナンス不足になりやすく、エンジンやバッテリーが劣化しやすい傾向があります。

 

1台のマシンを乗り潰すなら登録年数・走行距離などを気にする必要はありませんが、価値が下がる前に買い替えしたい方は3〜5年がサイクルの目安になると考えてください。

 

売却するときは複数の買取会社で査定を受けて、最高額を提示してくれる会社に売却しましょう。

バイクの買い替えする走行距離の目安

バイクの買い替えの目安となる走行距離は5万km程度と考えておくのがいいです。

 

クルマと同様に排気量が大きくなるほど長持ちしやすいですが、運転する頻度も大いに影響してきます。

 

年に数回しか乗らないという方なら1万km程度で寿命がきてしまうケースもあり、逆に普段の交通の足として使用しているなら10万km超も可能です。

 

寿命を把握するポイントとして修理代があり、修理や車検のたびに高額な出費があるなら買い替えするタイミングと言えるでしょう。

 

海岸線をよく走行する方なら塩害のダメージによって部品がさびやすくなるため、早く寿命がくると考えてよいです。

 

メンテナンスは走行距離を伸ばすために大切ですが、運転の仕方も関係してきます。普段から空ぶかしや急加速などを行っていると、マシンの摩耗が早くなるので注意してください。

 

大排気量バイクが長持ちするのはエンジンが大きく、アクセル開度を小さく抑えられるからです。無理な走行をしないことが長持ちさせるポイントと言えます。

故障バイクを修理するか買い替えるか迷ったときどうする

故障バイクをどうしようか迷ったときの選択肢として修理と買い替えがあります。バイクに愛着があるなら修理して乗り続けるのが好ましいですが、費用対効果として考えるなら売却したほうがいい場合もあります。

 

バイク屋に連絡をしてどちらがお得なのか診断してもらうのもおすすめです。買い換えをすると決めたなら売却は早いほどよく、迷って放置している間にも価値は低下しています。

 

例えば持ち込み査定を受けてからすぐに売却せずに時間が経過すると、再び査定が必要になることがあります。

 

走行距離に変化がなくても経年劣化による査定ダウンが懸念されるため、売却を決めたら素早く手放すのがコツです。

 

買い替えをする場合は下取りと買取という選択肢があり、高く売却できる可能性が高いのは後者です。

いくらで買取してもらえるか無料で調べてみる↓↓