ヤフオクでバイクを売る方法

ヤフオクでバイクを売るとバイク屋に査定してもらうより高くなる場合が多いです。まず始めに行うことは、会員になることです。

 

YAHOOプレミアム会員費の410円、出品利用料、落札システム利用料の3つを支払わなければなりません。合計で6500円程かかります。

 

次に出品するにあたりページの作成をします。車体の写真や状態などを詳しく説明しなければなりません。

 

少しでも傷や状態が悪いところがある場合は、隠さずに写真で状態を伝えないとクレームの原因になるので注意が必要です。

 

出品中は興味を持った人がたくさん質問してくるので、できるだけ詳しく丁寧に伝えてあげると相手にも分かりやすいです。

 

落札された場合は廃車の手続きが必要になります。廃車の際に交付された書類と譲渡証明書を落札者に送らないといけないで注意が必要です。

 

最後に受け渡しです。専門の輸送業者か配送業者に頼むのがいいです。送料がかかるのであらかじめ確認すると安心です。

バイクのオークションを代行してもらうには

オークションを代行してもらうには、まず業者に申し込みします。最近ではネットからでも申し込み可能なところが多いので手間もかからず便利です。

 

次に出品データの登録と出展です。数日すると担当者から連絡がきて、出品に必要な情報リストを受け取ります。

 

それに出品するバイクの情報を記入して提出することになります。その際に写真も必要になるので丁寧に撮影することが大切です。

 

最後にバイクの引き渡しと落札代金の受け取りです。落札された場合、担当者から落札金額と落札者の連絡先の連絡がきます。

 

引き渡す方法は直接引き渡すか運送会社を利用するかの2つです。好きな方を選ぶことができます。

 

業者の方で引き渡し完了を確認したら、落札代金からオークション利用料と代行手数料を引いた金額が支払われます。

 

難しそうと考える人が多いですがとても簡単です。業者により流れや手数料などが異なる場合があるので、検討する前に問い合わせて詳細を聞いておくと安心です。

バイクのオークション代行をしてくれる業者は?

オークション代行してくれる業者はとても多いです。おすすめだと言えるの1つはゲンチャリ屋です。販売から車検まで幅広く対応しています。

 

手数料は上限4万迄としていて、オークション参加費用も比較的安くなっています。そのため高価なバイクである程、手元に入る金額は大きくなります。

 

2つ目はMALIBU SERVICEです。1番の強みは、全国の会場とのリレーションされているところです。

 

その分、出品したバイクが高価で落札される機会も多くなります。

 

まだまだ様々な業者があるので選ぶのはとても苦労しますが、できるだけ手数料などの費用を安く済ませて、入手できる金額を大きくできるようにあらかじめ調べておくことが重要になります。

いくらで買取してもらえるか無料で調べてみる↓↓