ローン中のバイクでも売れるのか?

現金購入したバイクの名義は自分自身ですが、ローンを組んでしまうとそうはいきません。完済するまでは他人の所有物ですから、勝手に売ることは許されません。

 

債務をすべて返済するのが基本ですが、最近の買取会社は返済中でも買取対応するところが増えています。買取店としても買取をしないと仕事になりませんから、ここは頑張ってくれるところです。

 

例えば買取価格50万円で債務が30万円という場合、両者を相殺して20万円だけ現金で受け取るなどの方法もあります。

 

ただし債務のほうが大きい場合はローン中であっても組み換えが必要になるので、組み換えサポートを用意している会社に売却してください。面倒な手続きは買取店が代行するので、売り手は必要書類を用意すればOKです。

 

こうしたサービスを用意していない会社に売る場合は、債務返済資金を用意するために親族から借りたり低金利融資を利用したりする手もあります。

 

融資を利用する場合は利息がつくので、実質的に買取額が減ると考えてよいでしょう。

ローンが残ってるバイクを売るさい手順や手続きは?

ローンが残ってるバイクは債務を完済するまで売ることはできません。完済するまでは他人の所有物を借りている状態なので、自己判断で売却はできないわけです。

 

ただし稀に自分名義でローンを組ませてくれる会社もあり、この場合は自己判断で売却ができます。注意したいのは売却後も返済義務は残るので、今後も返済は続くことです。

 

名義が自分以外の場合は勝手には売れませんが、買取会社に依頼すれば様々な方法で買取・手続きをサポートしてくれます。

 

バイク査定を受けるときは債務があることを忘れてそのまま売ろうとする方がいますが、伝えておかないと面倒なことになるので注意してください。

 

ほとんど値がつかない場合は買取額で債務を相殺することはできないので、完済資金を自分で用意するしかありません。

 

怪しい業者ならこうしたマシンでも買取してくれることがありますが、本来の相場よりかなり安くなると考えていいです。やはり正規の安心できる買取会社に依頼するのが後々のことを考えてもおすすめです。

ローンが残ってるバイクの査定額はどうなる?

ローンの有無とは関係なくバイクは本来の価値で買取してもらえますが、各種手続きを買取会社が代行するので手数料は買取額から引かれることがあります。

 

プロに依頼をする以上は無料サービスは存在せず、すべて買取額に反映されてくると考えてよいでしょう。例えば手続きに1万円のコストがかかるなら、買取額から1万円を引くという感じになります。

 

売却先で注意したいのは手持ちのバイクでお金を貸しますといった業者に売ってしまうことです。金融車とみなされるので本来の価値より大幅に下がるので、売るときは正規の買取会社を探してください。

 

一括査定サイトを利用して複数査定をすれば、査定額の最高値がすぐにわかります。実際の買値はネット査定より少し下がると考えておくといいです。

いくらで買取してもらえるか無料で調べてみる↓↓